賢くコストダウンして新築一戸建て

バナー

賢くコストダウンして新築一戸建て

新築一戸建てを年末や3月に引き渡し希望の時期にする人は多いですし、税制改正前などは駆け込み需要も重なって職人の数をそろえるために職人を確保できる下請け業者を探して確保しなければならなくなるので、人件費を上げて確保するケースが多くなります。


ゆとりを持って新築のプランニングを行えば腕のいい職人さんに普通の値段で一戸建てを建築してもらえるのでお得です。

越谷の新築一戸建てについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

また、新築の工事がはじまると当然のことですが職人さんの車や資材運搬用の車が頻繁に出入りすることになります。敷地が道路からスムーズに入れる高さで駐車できる道路幅があれば問題ないのですが、そうでない場合は工事費が余計にかかる可能性もでてきます。


例えば一戸建ての建設予定地と道路に高低差があると資材運搬が手持ちになるほど手間と時間がかり、車が止められない道路の場合は駐車場を借りる費用が必要になるからです。

All About情報が探せます。

敷地の立地条件は建築コストにも影響するということを考えて土地選びをする必要があります。そして、工事の種類をなるべく少なくすることでコストダウンにつながります。
工事の種類とは大工工事や左官工事、タイル工事など多くの職人が一戸建ての新築工事にかかわるものです。



例えば、造りつけ家具を簡易な棚にして大工さんにお願いすれば家具工事代が節約できますし、室内ドアを大工さんでも取り付けられる量産品にすれば建具工事が不要になります。

お風呂をシステムバスにすればタイル工事を省けるようにもなるかもしれませんし、設備や部材、内装材を選ぶときに工事の種類を減らすことを意識するとコストダウン可能です。